インダッシュタイプカーナビのメリット・デメリット

カーナビの形状は大きく分けて3種類あります。画面がコンソールに埋め込まれた形状の一体型タイプ。ポータブルナビに代表されるダッシュボードの上に両面テープや吸盤で取り付けるオンダッシュタイプ。もう一つがこれからご紹介するインダッシュタイプです。このタイプはアクセサリースイッチのオン、オフに連動してモニターが出て来たり収納されたりします。つまり使う時だけ液晶画面が動作し、使わない時は液晶が動作しない設計となっています。モニターは装着されているコンソールより上に出てくるので運転時に視線移動が少なくなり見易いのが特徴です。特に少し前の車はコンソールの窓口が下にあるタイプが多く一体型のナビを装着すると下を覗き込まないと見えず、視線移動が大きく運転に支障が出ていました。この見易さが一番のメリットです。逆にモニターが上に出てくるという事はコンソールの窓口の上部がモニターで隠れる事になります。エアコンの操作パネルや吹き出し口やハザードランプのスイッチ等が隠れてしまい操作するには毎回モニターを収納させなければなりません。又、どうしてもモニターを立ち上げる為の駆動部が年数や使用状況により壊れてしまうケースもあります。これがデメリットではないでしょうか。しかし、今やこのタイプは純正ナビにはなく市販ナビでも種類が僅かです。選択の余地はないですが見た目の格好良さは一体型にはない独創性があるのです。

コメントは受け付けていません。