オンダッシュタイプカーナビのメリット・デメリット

カーナビには3種類のタイプがあります。コンソールの中に液晶モニターがはめ込まれたように見える一体型タイプ。同じくコンソールの中に装着されていますが液晶モニターが前に出てきて立ち上がるインダッシュタイプ。そしてモニターをダッシュボード上に設置するオンダッシュタイプがあります。このタイプは現在ポータブルナビが主流となっています。メリットとしてはモニターをダッシュボード上に設置するのでモニターを見る為の視線移動が少ない事です。また両面テープ等で固定するのでダッシュボード上の自分が好きな場所に設置が出来ます。音にこだわる事も出来ます。一体型タイプやインダッシュタイプはラジオやCD等のオーディオ機能が内蔵されていますが、モニター部をダッシュボード上に設置する為、オーディオ部分は自由に交換する事が可能なのです。逆にデメリットとしてはモニターが常にダッシュボード上に設置されているので見た目が悪く、ドライビングポジションによっては前が見にくくなる事も考えられます。最近増えてきたセンターメーターの車にも設置する場所がありません。なぜなら両サイドのダッシュボードにはエアバッグが装備されているからです。こういったデメリットからも徐々にモニターをダッシュボード上に設置するケースは減り、コンソールにきれいに設置するタイプが増えていったのです。

コメントは受け付けていません。