VICSによる渋滞・規制情報のチェックができるか

VICSというのは国が管轄する渋滞情報です。FMラジオの周波数を使うFMタイプ。ビーコン受信機を装備すれば受信できる電波ビーコンと光ビーコンの3種類があります。それでは一つずつ特徴をみていきましょう。FMタイプは名前の通りFMラジオの周波数を使って送信されます。メリットはほとんどのナビゲーションに内蔵されており無料で情報を受ける事が出来る事です。但し周波数の問題で送信データを重くする事が出来ないので大通りが中心の情報であり、その情報を使ってナビゲーションが渋滞を避けるルートを作って案内する事は出来ません。また送信される情報は一番早くて5分前の情報しか送信出来ません。各種規制情報は送信されます。次にビーコン受信機を装備した場合です。ビーコン受信機とはナビゲーションとは別売の場合が多く、金額で2万円~3万円程度します。この受信機を装着する事によって自分の車の前で起きているリアルタイムな情報が手に入ります。高速道路上に設置され高速道路の詳細情報を送信する電波ビーコン。国道上に設置され自車位置から数キロメートル前の情報を送信する光ビーコンがあります。この受信機を使うことによって前方の情報が受信できナビゲーションのルートに反映させる事が出来るのです。お手軽で簡素なFMタイプでも情報は取得出来ますが、ナビゲーションのルートに反映できるビーコン受信機を購入した方が、より快適な運転が出来るのです。

コメントは受け付けていません。